男鹿温泉郷 男鹿ホテル

ご予約・お問合せは 0120-4126-43 までお気軽に
  1. English
  2. 繁體中文
  3. 简体中文
  4. 한국어
〒010-0687
秋田県男鹿市北浦湯本字草木原13-1
TEL.0185-33-3101(代)
FAX.0185-33-3171

Copyright 2009- OGA HOTEL
All rights reserved.
男鹿温泉ゆけむりリゾート/SKO

男鹿ホテルは
セイコーグランドホテル
男鹿観光ホテルの姉妹館で
男鹿温泉ゆけむりリゾート
SKOグループが運営しています

男鹿半島あれこれトピック

200505/30

いいお天気なので・・

昨日、今日すばらしいお天気です。
青い海と空。近づく夏が感じられます。
秋田は雲ひとつない晴天って多くはありません。
こんな日は特別なことをしたいと思いますが、
いつもと同じ・・でも、いい気分です。


 男鹿半島は景勝のよいところですから、
お客様にはお天気のよい日にお越しいただきたい・・
ですけれど、毎日そんな訳にもいきません。
でも、私達こちらに暮らす者が男鹿を再確認するには良い機会です。
と、いうことで、
観光のお客様にまじって入道岬に夕陽でも見に行こうと思います。

200505/24

化石発掘ツアー

先日、秋田県立博物館に行ってきました。
私はとても久しぶりで、特に秋田の生物と植生について興味深く見ていました。
一緒に行った主人と娘は、私とは興味の持つところがちょっと違っていて、
それもまた面白く感じました。


 次の休みに彼らは「博物館で見た化石を採り」に行くと言って出掛けました。
はたして化石ってすぐ採れるものなのか・・?
びっくり!!ちゃんと化石を採ってきました。
葉っぱ、樹、貝。なかなか立派です。
場所は男鹿半島五里合海岸近辺。詳しくはわかりません。(行ってないから。)


 化石発掘ツアー、楽しそうなので次は私もついて行こう。

200505/17

自分再発見・・

長い間思い込んでいて、最近になって意外にも、違ってた!!と気付いたことってありませんか。


私はあるんです。
小さな頃から特別生き物に関心はありませんでした。
犬や猫を飼って欲しい、と親にねだった事はありません。
(後に妹が飼いたがり、犬が家にやってきましたが・・)
小鳥はいましたが祖父の趣味でした。
自分でも、生き物は好きじゃないし、育てられないと思っていました。


今、家には小さな生き物が数種類います。
熱帯魚や金魚やカタツムリやカナヘビやカメや・・
主人と娘が生き物大好きで、どんどん増えてるような・・
マメに世話はしていませんが意外と平気で生きています。
見ているとカワイイ!時間の経つのも忘れます。
私は生き物が好きだった!育てる事もできた!


やってみないとわからないものってありますよね。
それは今までの自分には考えられないものかもしれません。
(最近、おたまじゃくし、増えました。ちょっと・・怖い!)

200505/13

食べたいもの

雪解けした頃からいろいろな山菜が採れます。
おひたしや、お味噌汁や、天ぷら、炒め物等になって、食卓に上るわけです。
山菜は、野菜とは違って、食べられるようになるまでひと手間多く必要ですよね。
灰汁をぬいたり、皮やスジを取って下茹でしたり。(私に言わせると面倒なんです!)
それでも、この時期になると食べたいと思います。
自分では山菜取りは得意じゃないんですけど、いただき物はうれしい・・・
「山菜を食べる」という事が季節の行事になってるんですねー。


地方にはまだまだ季節感のある食べ物って沢山あって、
最近、それがタイシタ楽しい事だと、気付きました。

200505/07

たくさんの釣りキチ三平。

みなさま、「釣りキチ三平」ってご存知でしょうか?
30年位前に連載が始まった(アニメ化は25年程前?)釣りマンガです。
多分、相当に全国の釣りキチに愛されたマンガだったと思うのですけれど、
(だって、パチンコにもありますよね?釣りキチ三平って!)
三平って秋田県内では今でもいっぱい見られるんですよ。
JAの無洗米あきたこまちの米袋は「三平」です。
「三平」が大きくついてる私バスも走ります。


三平は秋田の内陸の人ですから、主に渓流釣りですけど、男鹿は海釣りのいい土地です。
私の周りにも沢山の釣りキチがいます。みんなオサカナが大好きです。
私も三平気分で海に出かけようと思います!

(アニメのエンディングの歌詞が好きなんですよー。
 負けるな、嵐。負けるな、孤独。ってところが!!)

200505/02

夜桜・桜吹雪

5月になりました。
桜はあっという間に満開になり、散り始めています。
男鹿は秋田県内では暖かい方ですが、なにせ海の風がありますので
あっという間に桜吹雪になってしまいます。


ライトアップされている夜の桜を風が吹き抜けます。
ハラハラと花びらが雪のように舞います。
室内で忙しく動いていても、フト、手を止め、足を止め。
お客様もお召し上がり途中の御酒の手を止め、窓の外をみつめます。
そして、顔を見合わせ「綺麗ですねー!!」なんて・・


 こんな素敵な日が、あと何日つづくんでしょうか・・