男鹿温泉郷 男鹿ホテル

ご予約・お問合せは 0120-4126-43 までお気軽に
  1. English
  2. 繁體中文
  3. 简体中文
  4. 한국어
〒010-0687
秋田県男鹿市北浦湯本字草木原13-1
TEL.0185-33-3101(代)
FAX.0185-33-3171

Copyright 2009- OGA HOTEL
All rights reserved.
男鹿温泉ゆけむりリゾート/SKO

男鹿ホテルは
セイコーグランドホテル
男鹿観光ホテルの姉妹館で
男鹿温泉ゆけむりリゾート
SKOグループが運営しています

男鹿半島あれこれトピック

201005/26

名画紹介

今日は肌寒い日になりました。
寒い日は外出などしたくない・・・怠惰な私は思うのですが。
館内の名画をじっくり鑑賞するのはいかがでしょうか?

多分、男鹿ホテル内一番の名作で、大作。
大きさも、内容も、迫力の一枚です!
この男鹿のナマハゲの興味深いところがわかります。
さて、どこにあるのでしょうか・・・
DSCF1004.JPG
 
(作画は館岡栗山によるもの、誇るべき秋田出身の画家です。大好き!
彼の作品は姉妹館セイコーグランドホテルにたくさんありますよ。)

201005/19

のこり香

玄関横の八重桜も散って、花吹雪がすごい!!

女子露天風呂のわきに、やっぱり八重桜があって、
ぼんぼりみたいな花が綺麗ですけど、露天風呂に入っていたら
さくらの香りがするんですよっ!
今年のさくらは本当におしまい、って告げる香りです。
sakura hana.JPG
(玄関の花びら)

201005/14

昔語りの会、おもへすナ!

お客様に「秋田弁で話して・・」といわれることがあります。
実は、結構難しい注文で、きれいな標準語を話すお客様相手に、
なんと言ったらいんだすべ?

しかし、この東北の秋田の端っこまで来ていただき、
標準語ではなくご当地の言葉をききたい、その気持ちも十分に理解できます。
そこで、
交流会館「五風」にて毎週木曜日19:45〜20:15
(入場料大人200円、小学生以下無料)
開催されている 昔語りの会 をおすすめいたします。

実は、昨夜聞いて参りました。
たいした、おもへがったす!
東京出身のスタッフはわからない言葉もあった、といいますが、それも楽しいではないですか。
(ここ出身の私には、わからない言葉はなかった・・)
何となく、あたたかい気持ちになるし、懐かしい。
激しく迫力のあるナマハゲの太鼓も、
この、優しく、ホンワカな昔語りの会も、どちらも体験していただけたら・・・

語べ、おっちゃん.JPG

語べ、座2人.JPG

201005/12

美しいグラスでお酒

男鹿ホテルのお食事処に「旬彩洗心 しゅんさい・せんしん」という会場があります。
椅子テーブルで、お膳スタイルとは違うお食事スタイルもやっています。
そこで、秋田の冷酒の注文があった時には、
一つ一つ違う冷酒グラスでご提供させていただいています。
で、可愛いグラスやら、綺麗なグラスやら、いろいろ揃えておりましたけれど
割れたり、欠けたり、少なくなってましたので連休前に足しました。
ご利用いただいたお客様からも好評で、スタッフも喜んでおりました。
グラスでなんだかお酒の味も変わった気がする・・・ありますよね!

冷酒グラス.JPG

「旬彩洗心」から見える庭にキウィの木が雌雄であります。
やっと大きくなって、今年くらい実がなるのでは・・・と楽しみです。
キウィ.JPG

201005/06

連休もおわりましたが  「よしこ」から「やえこ」へ

5月に入り、あっという間に連休も終わりました。
ゴールデンウィークの始まり頃に、自慢の桜は満開になり
連休期間中はなんとか桜ももったかな?
(3日くらいからは葉も目立ってましたが・・・)
ちょっと風が強かったですねぇ、

そして、「よしこ」から「やえこ」へ、桜は移ります。
(染井吉野から八重桜へ)
庭に自生している山桜も派手さはないものの可憐に咲いています。
桜もまだまだだし、花の季節もまだまだです!
ゆっくり春になり、夏になる。北国の良いところではないでしょうか・・・
庭 山桜.JPG(庭の山桜)

玄関 八重桜.JPG(玄関横の八重桜)